●9月も最終日   9.30

1ヶ月いろいろなことがありました


孫が靴を履いて歩けるようになりました



プラヤというレストランで1日のみの4人展がありました



月末には成田周りで東京へ


日本橋三越で日本伝統工芸展を見てきました


髙松で見られる作品数とは違いかなり多く、

短い時間ではゆっくり見られず、

染織を中心に見ることに


カタログではわからないことがいっぱい

●お財布は、、、  9.10



やっと

さぬき市にある革製品を製造販売している会社を訪ねました


私が織った布でバッグを縫製していたころ(12,3年前)、

バッグ製造業はまだたくさんありました


当時縫っていただけるか伺ってみると、

大量に注文しないとだめ、ということであきらめたのですが、

今はその縫製する会社が減ってしまって受注が集中しているとか。

新しいものを引き受ける余裕がないということでした。


素晴らしい技術が世の中の流れで消えていく


気づいた時には技術者がいなくなっている、高齢化している


残念なことです


織った布で展開したい、という願望を

いつか実現できますように!


そして出会ったお財布


とてもシンプルでかっこいい!と思って求めました


薄いのですが、ごちゃごちゃ入れなくていいかな


色はチョコ


使い込んだらどうなるのでしょう

楽しみです




●さて次は、、、  9.2

 

 

8月は、下旬の個展のため、

染ストールをせっせと染めていました

 

今日は9月2日

 

9月中旬に予約制1日限りのイベントがあり、

さてさて何を創ろうかと、未だに思案中!

 

染ストール、布糸布織コースターの出品は決定しているのですが

もう一つ違うアイテムを

 

バッグと思っていたけど、長財布もいいかな

 

布糸布織と革のコラボでどうでしょう

 

というか、私が今お財布を探していて、

買わなくても自分の作品でできればいうことなのかな、

と思いだしました

 

私好みの革の製品を作っているところを見つけたので

ちょっとアタックしてみます

 

引き受けてくださいますように!!!